転職いつする?と考えている時間がもったいない!今すぐ転職しよう!

実母が祖母の介護を一生懸命していて介護という分野に興味があった私は、介護系の資格が取れる専門学校へ進学し、資格を取って新卒で介護付き老人ホームへの就職が決まりました。

慣れない仕事で体力も必要だし、夜勤もあり不規則な就労時間は大変でしたが、それでもずっと興味があった仕事に就けて毎日、充実した日々を過ごしていました。ところが3か月後ぐらいに突然、指導役の先輩から少しづつ嫌がらせをされるようになりました。自分のミスを私のせいにされるなんていうのは日常茶飯事で、ロッカーの私物がなくなったと思ったらゴミ箱に捨てられていたり、先輩からさらにもっと上の先輩には「あの子は全然、仕事が出来ない」ようなことを報告されたいみたいでどれだけ頑張っても周囲への評価が低かったです。

どれだけ好きでやりがいのある仕事だと思っていても、不当な理由で評価がされないことが、これほど辛いこととは思いませんでした。またこの仕事のために一生懸命、資格の勉強をしていたので転職することに抵抗がありました。

が!あの時の自分に言ってあげたいです。「辛い仕事はすぐ転職しようよ」「悩んでいる時間がもったいないよ」ということを昔の自分に言ってあげたいし、憧れていた仕事なのに嫌になってしまって転職を悩んでいる私のような人にもそのようにアドバイスしてあげたいです。

結局、他の人には相談できずに先輩からの嫌がらせは続き、周囲への評価も上がらず、好きな仕事だったのにモチベーションが下がってしまった私はとうとう胃潰瘍で吐血し、ストレスを理由に職場を辞めました。辞めて正解でした!今は持っていた資格を活かせる福祉関係の仕事に転職しましたがもっと早く転職すればよかったなと思います。

精神的ストレスから体調まで悪くなる前の転職がお薦めです。家族が居る方ならなおさらです。子供との時間も大切ですから、なんのための仕事なのか?お金だけじゃないありませんよね?

自分の心に負担がかかり過ぎる仕事はやり続けるのに限界が訪れます。その限界を待つ必要はどこにもありません。なんかこの職場(もしくはこの仕事)なんか本当に辛いかも。と思ったらすぐに転職の準備を始めることをお薦めいたします。

これは年をとって30代後半、40代になっても当てはまることです。体調を壊してしまっては家族の運営にも支障をきたします。40代の転職とサイトを見て、何をすべきじゃないか、何をしたほうがいいか確認してじっくり腰を据えて転職活動されることをおすすめします。

結婚前と後では「転職」に対する考え方が変わりました!

「転職」というのは…身をもってその難しさを感じました。年度末に急遽告げられた内容に、自分の伝えていた仕事条件と全くことから…仕事を自ら辞めることを決意しました。その仕事は好きでしたが、上司との関係がうまくいかずに辞めた(辞めさせられた)形です。結局は年度末の3月に急に辞めても、新しい仕事はなかなか見つかりません。その後も転職はうまくいかずに、アルバイトで何とか生活するという日々が続き…そのような中で今の旦那と出会い結婚しました。

旦那の仕事は転勤はありますが、安定した職業です。大体の人は良いイメージを持つ仕事だと思います。しかし、転勤があることから…旦那は「転職」を考えています。転勤になった場合、私はついて行けないという理由もあります。私としては転職がうまくいくように応援したい反面、心配事もたくさんあります。

結婚する前に私は「転職なんてどうにかなる!」という考えもありました。結果はうまくいきませんでしたが…。正直お金のこともあまり心配はしていませんでした。しかし、結婚してからは考え方が少し変わりました。例えば、退職金の問題もあります。このまま今の職で定年まで勤めているのと、転職して新しい職で定年まで勤めるのでは、全く退職金も違ってきてしまいます。給料も下がる可能性が高いです。

私は転職の良い悪いの答えはないと思います。しかし、家庭のある人の転職は…家族の理解や応援が必要になるのではないでしょうか?私も実感して分かりますが「転職は本当に難しい」です!

みんな転職していって寂しい気持ちが少し強いけれど

私は今とある職場に勤めて4年になるのですが、悩んでいることがあります。それは、周りの人がどんどん転職して行くことです。すぐに辞めてしまうという人はいないのですが、何年かすると転職してしまう人が多く、私が入る前からいたという人はもう数えるほどしかいません。ただ、出ていく人が多くてもその分ちゃんと人は入ってくるので、人材不足ということではありません。ただ、凄く寂しくなってしまうのです。

社会人の癖に何を言っているんだ、部活じゃないんだぞと思ってしまう人も多いかもしれません。一応言っておきますと、私はよほどのことがない限り転職するつもりはありません。待遇に不満があるわけでもありませんし、有給だってちゃんと取ることが出来ます。ですが、やはり同士がいなくなって行くというのは本当に寂しいのです。

ちなみに、転職してくる人は、やる気がある若い人が多いです。就活で上手くいかなくてとりあえず内定を貰ったところに行って数年勤めて転職したというかんじの人が多いような気がします。ですが、事情はどうあれど、ちゃんと働いてくれるなら別に良いです。今は寂しさが勝っていますが、きっと落ちついたらあまり気にならなくなると思います。

それに、ずっといる私がこんなかんじでは、転職してきた人も頼ることが出来ないでしょう。ですので、しっかりしたいと思います。転職してきた人をサポート出来れば、きっと自分の寂しさも紛れる気がします。

仕事で健康を害するようなら転職したほうが賢明

いくらそれなりに長く続けている仕事でも、健康上の理由で転職を考えなければいけないときがあります。20代になって間もないころ私はとある職場に契約社員として勤めていたのですが、結果的に健康上の理由で違う仕事に転職をしました。その具体的な理由は仕事が終わった後のめまいで、そのときは体にかなり負担をかけていました。

家族がいて稼がなきゃいけない身とはいえ健康でなくなればよけい迷惑をかけます。

勤務時間は実働で10時間は当たり前、1日2時間の残業が普通でした。世の中には終電まで頑張って残業をしている人がたくさんいるので、その程度ではきつい仕事に入らないのかもしれません。ですが、週6日でそのスケジュールを休みなくこなしていた私は、いつの間にか就業後に必ずめまいを感じるようになってしまいました。そのときは私の代わりに仕事をしてくれるような人員はおらず、倒れそうになる体に鞭打って出社していました。まだ若かったですからそれでも何とか乗り切れていたのですが、ついには限界がきてしまったのです。

その職場は私以外にも体調を崩した人が何人もいたので、転職した人は少なくありませんでした。私が次に転職した仕事は座り仕事の事務だったのですが、働き始めた当初は「こんなに楽な仕事があったのか」と思ったほどでした。また、転職することでそれまでとはまったく違う仕事を経験することができたので、その選択は間違っていないと確信できました。いくら頑張ってお金を稼いでもそれで体を壊しては何にもなりませんので、仕事で健康を害するようなら転職したほうが賢明です。

家族が居て住む場所が変わることによる転職は思いがけない苦難の連続

住む場所が変わることで転職を余儀なくさせられるのは、誰にでも起こりうる事態です。都会へ上京していたが田舎へ帰らなければならなくなった、結婚してまったく違う場所に転居する、家族や子供とともに移動する、親の介護で実家へ戻るなどの理由で、住む場所が変わることはあります。それにともなう転職は、かなり厳しい状況下に置かれます。

まず都会と田舎では仕事がかなり異なるため、どちらか一方でできていた仕事がもう一方でもできるとは限りません。自分ではやりたい仕事があったとしても、その仕事に従事できる職場がなければどうにもならないです。日本全国どこでもできるような仕事はあまりないですし、住む場所が変わることによって転職の難しさを痛感させられます。

また、田舎でも都会でも求人倍率の厳しさは変わらないため、ある程度年齢が上だとスムーズに転職できないです。よほど高い能力やコネクションがあれば大丈夫なのかもしれませんが、それがないと引越した先で求人そのものが少ないということも十分あり得ますので、そうなると転職先の希望条件をなるべく少なくして妥協しなければいけなくなります。

住む場所が変わって強制的な転職をしなければならない場合はこのような苦難がどうしてもつきまといますので、覚悟しておかなければならないです。住む場所が変わる事情は自分でどうにもできないところがあったりもするので理不尽だと感じてしまうかもしれませんが、それを受け入れたうえで新しい転職先を探さなければいけないです。

正社員雇用は自分だけで辞めるに辞められない……でも、転職したい

半年程前、とあるDVD販売店に就職が決まりました。

個人で経営している店で、社員は僕の他に先輩が一人。そして店長の計3人という小所帯です。

しかもその先輩が僕が入社したのを良いことにあっさり辞めてしまって、24時間営業の店をたった2人で回すという、とんでもない有様でした。

店長は人件費削減を狙ってあまり人を雇いません。せいぜいアルバイトを一人か二人増やす程度なのですが、そのアルバイトも仕事のキツさと店長の厳しさに音を上げてすぐ辞めてしまいます。おかげでこっちは大迷惑。深夜、仕事帰りのサラリーマン向けにアダルト商品の販売を行っているために、24時間営業している店なので、本当に休みも満足に貰えないまま延々と仕事をしている状態なのです。

元々僕はトイレメーカーの会社で働いていて、そこでの仕事は地方営業でした。田舎の、まだ汲み取り式トイレを使っているような世帯に、水洗式のトイレに変えませんかと営業して回るのが仕事です。

連日、都心からど田舎まで車を3~4時間走らせて向かいます。辛いのなんのって。殆ど寝る間もなく働いたのが災いし、体を壊してしまいました。

その時に転職を決めて、再就職したのが今のDVD販売店というわけです。

ここは通勤に時間がかからないという点で選んだのですが、仕事は過酷を極めました。毎日、山のように送られてくる新作DVDを捌くのは簡単じゃありません。

人手の無さも相成って、本当に再転職を検討しています。

しかし冒頭でも述べたようにもう一人いた先輩の社員が辞めてしまったために、現在社員は僕一人。社員というか従業員自体が店長を除けば僕しかいないという状態なのです。

30歳という年齢でまともな企業に就職できるかが不安ですし、今の店の店長には、トイレ販売の仕事を辞めてからなかなか再就職先が決まらず路頭に迷いかけていた僕を雇ってくれたという恩があるので、そう簡単に辞められません。

しかも働いてまだ1年半。再就職を考えたら最低でもあと2年か3年は続けるべきなのかなと悩んでおります。

とにかく仕事が辛くてパンク寸前です。

転職したい、でも辞められないというジレンマがあります。